飲食店でのO2Oアプリ利用

飲食店は実店舗に来てもらわないとほとんど売り上げになりません。

そのためには多くの人に知ってもらい、食べてみたいと思ってもらう必要があります。その他に重要なのがお店の提供している内容がわかる広告です。メールによる情報提供では、読んでもらえないことや主にテキストしか送れないなどのデメリットがあります。そこで高い効果が期待できるのがO2Oアプリです。メールと違って自由に情報を見てもらうことができます。

場合によっては、動画によって臨場感のある映像を提供することも可能です。また、紙媒体の広告で行なっていた割引クーポンの提供も行うことができるので多くの興味を得られる可能性があります。O2Oアプリなら伝えたい時間にプッシュ通知を使って広告することも可能です。ランチ前、夕飯の前、終業した時間などに、それぞれの場面に適したメニューを表示することで、来店の可能性を高めます。実店舗にあるメニューと同じクオリティのものが表示されることで、食べたいという気分を促します。

また、店舗の予約をできるようにすれば、必ず来店してもらえることにつながります。SNSとの連携によって効果的に広告を拡散する方法もあります。O2Oアプリから公開されるSNSの映像は、珍しく面白いものであれば実際に見てみたいと思われるはずです。多くの人が興味を持つものを作ったら、それをO2Oアプリがあることで多くの人に知ってもらうことが集客率の向上につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です