店舗の集客力を高めるための基本とは

独立開業して新規に店舗を経営する場合には、シミュレーション通りに集客できない事例もよくあります。

売り上げ低迷の原因を分析して適切な対策を行うことが、長期的に安定した状態で店舗を経営するためのポイントです。特に物販店の場合には顧客のニーズと品ぞろえの間にミスマッチが存在するケースが多く、早期に商品ラインナップを変更するのが理想的です。経営コンサルタントに調査を依頼したり税理士からアドバイスを受けるのが、集客に関する問題を解決するための近道です。

また顧客が利用しやすい店作りについて考えて実行に移すと、スムーズに集客力を高めることができます。とりわけ郊外型の店舗で高い効果が期待できるのが、駐車場の整備によるマイカー客の取り込みです。確かに駐車場の確保には費用がかかりますが、来店者の増加によって増えたコストをカバーすることは十分に可能です。店舗の改装で集客力アップを実現しているオーナーも多いですが、接客などのサービスの向上が経営を安定させるための基本です。

特にクレームの中に経営のヒントが含まれている場合が多いので、顧客の声にも積極的に耳を傾けるべきです。アルバイトの比率が高い飲食店なども多いですが、正社員化によってサービスの質を高めると来店者数のアップにつながる場合もあります。低価格路線で集客を行うレストランなどが多数ある一方で、付加価値の高いサービスを提供することで高収益を実現している美容室も増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です