店舗の客足が減ってきたら新しい集客方法を

世の中全体が複雑化して来ており、それまで常識だと言われていた事が随分と変わって来ました。

ビジネスシーンでも時代の流れは顕著に現れていて、これまでは鉄板の正攻法が現代では通用しない事が多々あります。決して経営的に苦しいわけではないが、以前に比べて客足が減って来ており将来的な利益が不安だ、そう感じるビジネスオーナーの方々もきっと多いはずです。事態が悪化してからでは手遅れになるかもしれません。不安が出た段階で打てる対策は施しておいた方が将来の危険の芽を摘めるでしょう。集客のセオリーに関しては今も昔も大差はありません。基本は店舗の名前やサービス、製品名を不特定多数の人々に知ってもらう事です。

地方によっては地元の町が高齢化しており、若者の需要が減少しているはずです。地元の一般消費者だけをターゲットにしたビジネスモデルは現代ではやや厳しいとされ、隣町や隣の県民をもターゲットにしなければなりません。地元の高齢者に対しては、チラシ配布やポスター掲示で集客が可能です。一方で隣町の人々や隣の県民を店舗に呼び寄せたい時は、ネットを活用した新しい集客方法を実践しなければなりません。

店舗PR用のSNSアカウントを取得し、お店の情報を広く世間の人々に発信しましょう。今では多くの店舗が、独自にネット集客を実施しており、販売している品物の画像をアップしたり、お得なキャンペーンの情報を配信したり、SNSを通して面白い豆知識を披露して宣伝を間接的に行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です