店舗の集客を増やしたいなら商品以外にも目を向けよう

店舗の集客力をアップさせるには、多角的な観点で工夫をすることが大切です。

マーケティングの基本ですが、自動的にお客が集まってくるような仕組みを作ることが最終目的となります。もちろん扱っている商品のクオリティを上げていくのも方法としては間違っていません。いくら他の工夫をしたところで、メインの商品の評判が悪ければ話にならないからです。しかし商品のクオリティが高い場合でも、店舗の集客が芳しくない事例はたくさんあります。その場合は他の要素が足を引っ張っているので、多角的に検討しなおすことが重要です。

たとえば店内の照明が原因で、お客が入りにくいと感じている場合もあります。居酒屋やバーでは薄暗い間接照明が好まれやすく、明るすぎる環境は敬遠されがちです。その他に、他のお客の視線が気になるようなテーブルの配置が原因の場合もあります。いくら美味しい料理やお酒を用意していても、こういったデメリットがあると店舗の集客は伸びていきません。オンラインショップであっても同様のことがいえます。

販売している商品が素晴らしいものであっても、それを上手く伝えられなければ意味がないからです。やはりサイトを訪問してくれる人を増やすための工夫が必要となります。お客が集まらなくて悩んでいる場合は、広い視野を持って冷静に検討することが大事です。競合しているライバルがいるなら、どうやって集めているのかを参考にしてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です