アプリを利用して店舗の集客をアップさせる

店舗は様々なイベントやキャンペーンを実施して集客を狙っています。

インターネットが普及し、パソコンのみならずスマートフォンやタブレットといった手軽に持ち運べるデバイスが急速に普及したことで、店舗の集客方法に変化が見られるようになりました。店舗の集客といえば、目立つポップを店頭に配置したり、そのポップにキャンペーンやイベント内容などを掲載するタイプのものでした。近年は、店頭に並べられるポップにQRコードを掲載しているのです。

そのQRコードは、スマートフォンやタブレット、携帯電話から店舗のアプリにアクセスできるようになっており、アプリを起動させるとクーポンが発行され、そのクーポンを会計時に見せると割引が受けられるというシステムです。QRコードからアプリへアクセスするだけで、店の割引クーポンが無料でもらえるとなると、それが口コミなどで広がり脚が集まるようになるのです。

集客効果という点からすれば、非常に効果的な方法と言えます。店前のQRコードを見た客が実際にアプリにアクセスしてクーポンを獲得し、それが口コミとなって広がりますので、自然拡散の効果を期待できます。現在の店舗の集客方法は、ポップを置くだけでなくQRコードでアプリにアクセスしてもらうことで、客は割引を受けられ、それが口コミで拡散して店に足を運んでもらう方法となってきています。客を集める対応方法にも情報化社会の影響が反映されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です