最初にインストールしておきたいアプリ

新しくコンピューターを購入した後、即座にインストールしておきたいアプリがあります。

そのアプリとは、いわゆるアンチウイルスソフトです。アンチウイルスソフトをインストールしておかなければ、ネット上に漂う色々な危険に対処する事が出来ません。近年、報道される情報流出やハッキング、ウイルス感染のニュースですが、被害者が予めアンチウイルスソフトを正しくインストールしておけば、その重大リスクは防げた、と考えられています。コストと手間が掛かる印象が強いアンチウイルスソフトのインストール作業ですが、近年では普通のアプリ以上に簡単になりました。

アンチウイルスソフトをダウンロード販売する企業のHPにアクセスし、そこで商品購入を済ませ、お金を支払えば、アプリ使用のライセンスが得られます。ライセンスとは遊園地のパスポートのようなものです。肉眼で見る事は出来ませんが、アプリの利用権であり、一年、三年といった単位で契約でき、契約期間の間であれば自由にアンチウイルスソフトが活用出来ます。ライセンス契約を済ませたソフトは、購入サイトよりいつでも何度でもダウンロード出来ます。

アンチウイルスソフトのインストールは画面の指示に従ってOKボタンを押すだけです。もちろん、注意書きや契約内容は熟読しなければいけませんが、変なボタンを触らずに、標準仕様のまま、自動で指定されたフォルダにアンチウイルスソフトをインストールすれば、ライトユーザーでもほんの数分で作業が終えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *