アプリを利用したデータ料金の節約について

アプリの中にはオフラインで利用できるものが多くあります。

そのほとんどのものはWiFiなどを用いて、あらかじめデータをダウンロードすることでいつでも利用できる状態にしたものです。この機能を活用するとリアルタイムの情報は得ることができませんが、更新の頻度が低い辞書、後で見たい動画や音楽もスマートフォンに一時的に保存ができ、外出先でも携帯電話会社に支払うデータ通信料金の節約ができ、ネットワーク環境が悪い場所でも利用できる利点があります。

ただし、オフラインで利用できるアプリには、ダウンロードを伴うものが多いため、動画共有サイトから提供されるコンテンツの中には著作権を無視したものもあるため、利用には慎重になることも必要です。そのうえ、アプリによってはインターネット回線に接続できる状態の場合、新たな接続を試みるものもあります。最新のスマートフォンには個別にネットワーク接続設定ができるものも多く、念のため通信を許可しない状態にしておくと無駄なデータ通信料金がかからなくてすみます。

また、動画のストリーミング再生アプリを利用する際にも、大手が開発したものは画質や音質を変更できるものもあります。特に画質を下げると粗くはなりますが、データ料金を大幅に下げることができます。そのうえ、MVNOなどの低速回線の利用者も多い国で開発されたものは、200kbps程度でも最低限の動画をストリーミングで再生できるものもあり、そのようなアプリを上手に利用することでデータ料金を大幅に削減することもできます。
アプリ開発のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *